周囲の人にバレないように大阪で二重整形する方法と注意点

二重

二重整形をする上での注意点

今ではもう一般的になった二重整形は、メスを入れないことからプチ整形とも言われています。体に傷を作るわけではないので抵抗が少なく、罪悪感もないため幅広い世代の特に女性に人気があります。ここで二重整形をする上での注意をいくつか記載しましょう。
まず、まぶたの裏に糸を縫い付け肉を引っ張ることで二重にするのが方法ですが、糸の強度には限界があるため、二重手術というのは一生ものではありません。瞬きをしているうちにどうしても糸の強度が弱まり、最初はくっきり二重でも徐々にそれは薄くなっていきます。
また、手術後は目がかなり腫れますので、車で行く場合は必ず帰りに運転してくれる人が必要になります。一人で行く場合は公共交通になりますが、それでも視界が遮られて歩きにくいためかなりの注意が必要です。さらにその腫れは一日では引きません。一週間前後かかります。
ですので周囲にバレたくない場合はできるだけ大型連休の前日に施工しておく方が良いでしょう。病院にはよりますが上記の手術方法だと3万円前後で施工してくれるところもあります。ですが一生ものではありませんし、一週間前後目の腫れや痛みと戦うことになります。
さらに言えば高齢になるとまぶたの肉は下がり自然と二重になるのですが、それでも若いうちに二重整形をする人が後を絶たないのは、美しくなりたいという女性の向上心で、それは素敵なことだと言えるのではないでしょうか。

お知らせ

TOP